第62回 大阪工芸展 2021[10月20日(水)から]

【タワー館11階〈美術画廊・アートギャラリー〉】
10月20日(水)→26日(火)
※最終日は午後4時で閉場。

このたび近鉄百貨店では『第62回 大阪工芸展2021』を開催いたします。
大正13年(1924年)に大阪府からの提唱を受け産声を上げた大阪工芸協会。
戦前戦後の激動を乗り越えた苦難の年月があり、その間協会を守り育てた先達の計り知れない努力によって、2015年には創立90周年記念展を開催するに至りました。設立当時の産業工芸は衰退したものの、美術工芸とクラフト工芸の共存を協会の個性として、他の工芸団体とは異なる独自の活動を続けておられます。
本展では、陶芸、木漆、金工、染織、ガラス、人形、皮革など、重鎮から若手作家の作品まで多彩にご紹介いたします。
この機会にぜひご高覧いただきますようご案内申しあげます。

【同時開催】
『入札オークション』
〈開票日時〉10月26日(火) 午後4時
特別企画として、大阪工芸協会を代表する作家の作品を入札式のオークションにて販売いたします。

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込み価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
コメントを投稿する

PAGE TOP