藤隼次日本画展―花翳深マリ、空白ムマデ―[11月25日(水)から]

【タワー館11階〈美術画廊〉】
11月25日(水)→12月1日(火)
※最終日は午後4時で閉場

このたび近鉄百貨店では『近藤隼次日本画展―花翳深マリ、空白ムマデ―』を開催いたします。
1980年東京都に生まれた近藤先生は、日本画家を志し京都造形芸術大学に入学。後に東京藝術大学日本画科に転じ、日本画技法の実践研究を重ね研鑽を積みました。
文豪・谷崎潤一郎は随筆「陰翳礼讃」の中で、日本家屋における陰翳が映し出す様々な表情に着目しました。近藤先生の作品も、慎重に選ばれた色彩とすぐれた描写力で、濃さを増す花影のシルエットや、明け行く空の下の風景の鮮烈な美しさを画面に表現しています。夜が訪れる一瞬前の夕暮れの美しさ、その後の闇の静謐さ、そして朝がもたらす新しい光。時と光に着目し制作を続ける近藤先生の作品を一堂に展覧いたします。
この機会にぜひご高覧いただきますようご案内申しあげます。

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込み価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
コメントを投稿する

PAGE TOP