笠井遥展ー朝を待つー[10月21日(水)から]

【タワー館11階〈アートギャラリー〉】
10月21日(水)→27日(火)
※最終日は午後4時で閉場

このたび近鉄百貨店では『笠井遥展-朝を待つ-』を開催いたします。

「無常観や死生観」をテーマに日本画の画材をベースに混合技法を用いて、独自の表現を追求している笠井遥先生。
「繋いでいくものたち」をモチーフに生の営みへの畏敬と慈愛を描く作品の数々を展覧いたします。

是非この機会にご高覧いただきますようご案内申しあげます。

【略歴】     
1987年  富山県生まれ
2013年  京都造形芸術大学 卒業・修了制作展 瓜生山賞受賞
2014年  美術新人賞 デビュー2014 入選
2015年  京都造形芸術大学大学院 ペインティング領域 修了
2015年  現代芸術振興財団アートアワード 第2回CAF賞 入選
2017年  京都府新鋭選抜展 日本経済新聞京都支社賞 受賞
     第4回グループホライゾン 奨励賞
2018年  松蔭芸術賞 受賞
京都・大阪・東京を中心に個展・グループ展多数。

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込み価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
コメントを投稿する

PAGE TOP