中村祐子日本画展[2月21日(水)から]

【タワー館11階〈アートギャラリー〉】
2月21日(水)→27日(火)
※最終日は午後5時で閉場

このたび近鉄百貨店では『中村祐子日本画展』を開催いたします。

伝統的な花鳥画という画題に古典的な技法を用いながらも、新しい表現を追求する中村祐子先生。

鎌倉時代の仏画の研究を通じて学んだ截金(きりかね)という古典技法や日本画の伝統的な画材である金箔・銀箔・雲母を用いて描かれた作品の数々をぜひご高覧いただきますようご案内申しあげます。

【略歴】
1977 東京都生まれ
1999 早稲田大学第一文学部美術史学専攻卒業
2005 東京藝術大学美術学部日本画専攻卒業
2007 同大学大学院修士課程文化財保存学保存修復日本画修了
2010 同大学大学院博士課程修了文化財保存学博士号取得
現在 女子美術大学、東京藝術大学大学美術館非常勤講師

嬉しいこと、悲しいこと、どんなことがあっても、どんな天気の日でも、かならず四季はめぐり、草木の緑は、その折々にやさしい花で季節を知らせてくれます。

そこにあり続ける変わらない姿に力づけられ、やさしい気持ちになれることに、いつも感謝しています。
    中村祐子                

【作家来場予定】
 2月24日(土)・25日(日) 各日午後1時~5時

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込み価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
コメントを投稿する